プロフィール

KNITSEWING

Author:KNITSEWING
↑携帯用QRコードです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
ファッションショー2015 出場者取材レポート①
2015年7月24日、日比谷公会堂で行われる20回記念ファッションショーの出品作品中、
【かわいいで賞】等を出したさくら野仙台店を取材して参りました。

20150512sakurano00.jpg

20150512sakurano01.jpg

今回、さくら野仙台店からは
ファミリー部門で【かわいいで賞】を受賞された岡本マサヨ様(写真:右)
ダンス部門で選出された若林愛様(写真:中央)
ウェディング部門で選出された生出幸子様(写真:左)の3名が選ばれましたので
お三方まとめて取材をさせていただきました。

20150512sakurano02.jpg

まずは【かわいいで賞】を受賞された岡本マサヨ様。

こちらの写真は今年3月に行われた『全国一斉作品展』の模様の中で
写真の右下に岡本様の作品が写っていました。

20150512sakurano08.jpg

チラシを見てニットソーイングを始めたのがきっかけで、以来
作る楽しみは勿論のこと、作ったものを家族が着てくれる喜びが嬉しくて。

この4月に小学1年生になったばかりの可愛いお孫さまの入学式用にと
作った作品がこの度【かわいいで賞】に選ばれました。

20150527fassyonnsyoublogy03.jpg

お一人でも堂々と出場されるお孫さまは何と、東北楽天ゴールデンイーグルスの
チアガールを1年間やっていたこともあってか、ポーズを取るのも大得意!

製作者の岡本様も勿論、ショーの当日は付き添いで日比谷公会堂へ来場する予定で
今からお孫さまのウォーキングが楽しみで仕方がないそうです。




続きまして、ダンス部門に選ばれました若林愛様のご紹介です。

20150527fassyonnsyoublogy05.jpg


『全国一斉作品展』開催中には、ご紹介する若林様のダンス作品が
店頭に飾られていました(写真右)

20150512sakurano06.jpg

お勤めしていた先のお客様がニットソーイングをやっていたのがきっかけで
即入会。ニットソーイングクラブ歴は早7年目。師範科も18期卒だそうです。

直線ミシンを使ったことがあっても、ロックミシンを踏むのは初めてで
洗濯バサミを使うのに事の他びっくりされたそうです。

以来、ご家族の分なども縫うようになり。それが大好評でお母様などは
作ったものを着て出掛けると「これ、娘が作ったのよ!」と自慢されるのだとか。

今流行りのデザインや形も、作る人の体形に合わせて袖丈の調節や股の深さなど
自由自在に出来るので本当に助かるとおっしゃる岡本様。

実は昨年の舞浜アンフィシアターでのファッションショーには
ファミリー部門でご家族揃ってご出演されていました。

20150512sakurano05.jpg

この時、一緒に出演したお母様が「私も来年はダンス部門で出場して踊ってみたい!」と
意気込まれ、今年はダンス衣装に挑戦されたそうです。

その念願が叶って、今年はお母様がダンス部門で娘の作った衣装を纏い
華麗なるダンスステップを踏まれます。

社交ダンスにフラダンスと、ご趣味も多彩なお母様がどのような舞いを踊られるのか
今からとても楽しみですね!

製作者の若林様も応援のためにご家族で日比谷公会堂に駆けつける予定だそうですよ。




最後に、ウェディング部門で選出された生出幸子様のご紹介です。

20150527fassyonnsyoublogy06.jpg

子育てなどを終え、自分の時間を持てるようになった時に偶然チラシを見て
始めてみようかと思ったのがきっかけでニットソーイングクラブ歴は4年目。

師範科も17期卒で、ミシンも3台取り揃えているお家にはいつでも縫えるようにと
ニットソーイング専用の工房部屋を完備してしまったのだとか。

ご友人の結婚式用に作られたウェディングドレスの制作期間は約3ヵ月。
くるみボタン制作は大好きだけれど、合計で32個ものボタン付けや
立ち襟などに大変苦労されたそうです。

20150512sakurano07.jpg

その作品は『全国一斉作品展』開催中、若林様の作品と共に
店頭に飾られていました(写真中央)

20150512sakurano06.jpg

普段から脱ぎ着が楽なパジャマやチュニック、パンツにバッグなどまで
何でも作られる生出様。

ご家族の分のみならず、知人や友人などにも作っては差し上げ、着て貰えた上に
感謝もされて喜ばれるのが嬉しくてたまらず、ついつい「作ってあげるわよ!」と
次々にオーダーを引き受けてしまうそうです。

今回、日比谷の舞台でウェディングドレス姿を披露されるのは娘さまだそうで
スタイリストでもある生出様のメイキャップ等にも注目です!



20150512sakurano04.jpg

取材にご協力いただきました、さくら野仙台店の方々も
ありがとうございました!



ファッション | 【2015-05-18(Mon) 09:00:00】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。